アニメ

映画【天気の子】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【天気の子】動画を無料視聴する方法

映画「天気の子」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 550円 1990円 31日間
Hulu × × 933円 2週間
FODプレミアム 500円 888円 2週間
Amazon プライム 400円 500円 31日間
dTV 400円 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

「天気の子」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。無料登録でも600円分のポイントがもらえるので、追加料金が必要な「天気の子」も無料で視聴できます。

映画【天気の子】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

天気の子の無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「天気の子」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「天気の子」のあらすじ・ネタバレ

公式サイトのあらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。
出典:天気の子 公式サイト

【天気の子のあらすじ】
雨が降りしきるある日、病身の母親に付き添う少女がふと病室の外を見ると、雨空から一筋の光が射していました。

少女は光に引き寄せられるかのように、ある廃ビルの屋上へと向かいます。そこには古びた社があり、そこに射す光に導かれ、少女の体は上空へと舞い上がりました。

少女がたどり着いた雲の上には草原が広がり、魚の形をした雨粒が空気中を浮遊していました。この時から、少女には天気を晴れにする「晴れ女」としての能力が芽生えました・・・

続きは映画をご覧ください。

【天気の子の感想】

誰しも行きて行く上では決して欠かすことの出来ない、日常の生活の中にある『天気』そのものをテーマにした作品でとても面白かったです。何度でも見たくなる映画作品だと思いました。

家出少年の帆高くんが船で東京にやってくるシーンからのスタートでしたが、後から思えば、このシーン自体が物語の今後の重要な鍵になる場面だったなと感じました。

家出をきっかけに帆高くんの環境がガラリと変化していきましたが、どのシーンを思い返してみても細かい描写のひとつひとつがとても綺麗に描かれていて物語自体を楽しみながらもその見せ方の演出が最高に良かったです。

特に、新海誠監督の作品の特徴とも言えるような景色の描かれ方は本当に綺麗で、絵で描いた景色のはずなのにまるで本物の景色を見ているような気分になりました。これには制作に関わったスタッフさん方の力の入り具合をとてつもなく感じることが出来たので感動しっぱなしでした。

そして、私がこの映画の中で一番好きなシーンは、物語終盤の帆高くんが走り続けるシーンです。このシーンでは彼の一番の熱く強い純粋な想いを感じることが出来て、胸にこみ上げてくるものがありました。

他人からの目線や意見など、全く気にもせずにただ自分の大切なものの為に走り続ける姿はひとりの男としてとても格好良い姿でした。

登録後にもらえる600ポイントで「天気の子」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「天気の子」の映画情報

「天気の子」のキャスト・出演者

(森嶋帆高) 醍醐虎汰朗
(天野陽菜) 森七菜
(夏美) 本田翼
(天野凪) 吉柳咲良
(安井) 平泉成
(高井) 梶裕貴
(冨美) 倍賞千恵子
(須賀圭介) 小栗旬

天気の子の監督・スタッフ

監督・原作・脚本

新海誠

音楽

RADWIMPS

製作

市川南
川口典孝

アニメーション制作

コミックス・ウェーブ・フィルム

新海誠監督のその他の映画

君の名は。

言の葉の庭

「天気の子」の感想・口コミ評判

30代女性
30代女性
新海誠最新作ということで公開前から話題性が高かったこの作品。絵柄に透明感があり、どのシーンをとってもキャラクターと背景がまるで一枚の絵画のような収まりの良さが心地よいです。空の青さや、光のまばゆさ、風の音といった、自然現象や風景の美しさをアニメ映像だけで伝える説得力があります。また社会で何の力も持たない十代の切なさややるせなさを描き、それでも何かに夢中になり、かけがえのない人を守るために必死になるという王道とも言えるシナリオは世代や性別関係なく楽しめるものだと感じました。加えて主人公の帆高とヒロインの陽菜以外にも味のある脇役が多く描かれており、特に中盤からの夏美や陽菜の弟である凪の活躍は見逃せません。これから観る方にはぜひ注目して頂きたいですね。次に、この作品は大ヒットした前作「君の名は。」と同様に、RADWIMPSが全面的に楽曲提供しています。多感な時期の少年少女が若く幼いながらも夢中で駆け抜けた夏を見事に演出していると感じました。それぞれ重要なシーンで使われる挿入歌はどれも素晴らしく、ファンタジックで壮大な青春ストーリーを彩っています。私は特に「グランドエスケープ」と「大丈夫」がお気に入りです。新海誠監督の作品を見たことがない方でも、RADWIMPSの楽曲を知らない方でも、映像と音楽の織り成すハーモニーに必ず感動できると思います。
30代女性
30代女性
新海誠監督作品という事で公開してすぐに劇場で鑑賞してきました。私は今まで、「秒速5センチメートル」「君の名は。」「雲のむこう、約束の場所」など観させていただいて、特に君の名は。が印象的で心に残る作品でしたので「天気の子」もすごく期待していました。観た後の感想は、想像していた話と違ったという事です。もちろんネガティブな意味もありますが良い意味で想像していなかった話の展開だったからという事でもあります。また2019年に公開する作品に晴れ女を題材にしている所がとても斬新だと思いました。晴れ女とだけ聞くと昔聞いたおとぎ話のようですがそんな可愛らしい物語ではないのです。物語は島から東京へ家出してきた主人公、帆高と天気を自在に操れるヒロイン陽菜が出会う所から始まります。前々から自分の不思議な力に気づいていた陽菜は帆高と一緒にネット上で晴れを届ける「晴れ女ビジネス」を始めます。フリーマーケットの日を晴れにしてほしいという依頼を成功させた二人には次々と依頼が舞い込んでくるようになります。そして二人で行動を共にしているうちに段々距離が近づいてきているのが分かるのでそこも見どころだと思います。また作中に、君の名は。に出てきた人物が登場しているので、ぜひ見つけてほしいと思います。
40代男性
40代男性
2019年公開で、監督は「君の名は」の新海誠さん、音楽はRAD WIMPSの野田洋次郎さんが担当しています。新海誠さんの描写する空の世界はとても美しく、そこに野田洋次郎さんの音楽が合間ってビジュアルと音楽でかなり世界に引き込まれていきます。物語の進行具合で天候も「雨、晴れ、雨、太陽と雨」という感じで主人公達の状況を表している感じがしてとても分かり易かったです。また、主人公の醍醐虎太郎が抱える心は一親の立場から見ても共感できるもので、我が子もきっとこんな気持ち抱えているのかと親目線で見ることができました。逆に、ヒロインの天野陽奈の状況はどう見ても現代の夜中で生きるにはハードだと思い、こういった状況にはさせまいと思いました。それでも、2人は出会いなんとか一生懸命生きていこうという姿はなかなか胸にくるものがありました。人生は自分の力だけでは世の中を変えることなんてできない、ということを身をもって体験することは遅かれ早かれあるのかと思いますが、それでもこの2人は自分の周りくらいは変えることができるという体験ができたのは見ていて感動しました。いろいろと意見の分かれる映画だとされていますが、純粋な映画だと思います。
60代女性
60代女性
天気のニュースは、必ず毎日あり、天気に気分が左右される人も多いのが現実だと思います。自然災害が多い中で新海監督が描こうとしたテーマについて、深く考えさせれました。天気に対する神秘性や自然崇拝の宗教性も踏まえ、人を大切に思う強い心は全てを超越するということを私なりに感じ取りました。自分は晴れ女と、小さい時から思い込んでいたのでヒロインに自分を重ねました。雨は風情がありますが、東京が沈むくらいの雨が現実にくるかもしれないし歴史は繰り返すかもしれないとも思いました。映画のビジュアルが素晴らしく、さすが新海誠の映画で日本のアニメ映画を象徴する作品になっています。小栗旬の声は、キャラクターにぴったりで魅力的でした。主人公に大きな影響を与える存在ですが、彼もまた若い主人公と出会うことで何かがふっきれたんだろうなと思います。最後の方は別人のような風貌になっていたし、ビジネスが成功したのは、マインドが変わったからこそだと思います。主人公の男の子が何でもスマートフォンで質問していく姿に、なんだか母性本能をくすぐられるようでした。野田洋次郎さんが音楽監督のような立場で関わっていて、この作品が朝ドラ抜擢にもつながっているような気がします。
40代女性
40代女性
「天気の子」を観て、まず思ったのが、良くも悪くも、新海誠監督色のとても強い作品だということです。前作の「君の名は」はものすごいヒットで、強い印象を残しました。その「君の名は」の青春、キラキラした部分を控えめにした感じなのが、今回の「天気の子」の印象です。 最初の音楽とキレイな映像とナレーションの語りが重なるところがなんとも感動的で好き。でもストーリー全体としては、期待しすぎだったのかもしれないけど、やや期待はずれ。イマイチな気が。あんまり好きではなかったです。後半に行くに連れて、主人公が自分勝手で、自分の気持ちだけで動く印象になるので、気持ちが入り込めませんでした。ただやっぱり映像が素晴らしいし、音楽の入るタイミングも良い。ストーリーを楽しむ映画というよりも、映像を楽しむ映画のような気がします。私はそう観ました。でも、「君の名は」も、ハマる人とはまらない人の差が大きかったようなので、今回もハマる人にはハマるストーリーなのかもしれないので、まずは観てみてほしいです。もしはまらなかったとしても、私のように映像と音楽を楽しんでもらえればと思います。世界に出ていける、日本のアニメの素晴らしさは盛り沢山ですから。
60代男性
60代男性
前作があまりにも評判が良いので、深海監督の2つ目はいまいちかなと思いつつ観させていただきました。観させていただいたところ、同じぐらいの魅力と深さを持っており、脱帽しました。深海監督の恋愛観は純粋で美しく、少年の心を持ったようなイメージを持っていますが、それがこの作品の中に目いっぱい入っているような気がします。男女間の性欲的なものを超越した、ダイヤモンドのような輝きがありました。主人公はただの高校生ですが、いつも強い未来への祈りや願望があるので、見ていてほれぼれします。また、東京が洪水の中に埋もれて行く姿を見ると、善や悪を超越して、偉大な自然の力の中で、人間は生きて行かねばならないのだと思わざるを得ません。それは、まさに少年の心の中にある心象風景のようです。少年と彼女の愛は今まで観て来た、たくさんの愛や恋とはまた違った世界観を描いているので、やっぱり深海監督は天才であるとしか思えません。そして、その感性は私の感性を強く揺さぶります。それは、雨の小さな粒のシーンだったり、いきなり晴れ上がる青い空だったりして、私の涙を最初から最後まで誘います。私たちのこの東京、この日本、世界、宇宙はなんと素敵で、美しいのだろうと思わせてくれた映画です。
女性
女性
今回の作品は主人公の森嶋帆高と天野陽菜が幼い思春期の世代で、内容も大人が見るのと学生さんが見るのでは感じ方がきっと大きく異なる映画だと思いました。私は幼い子たちを親の目線で見てしまうので主人公達の気持ちに感情移入する事は出来ませんでした。この多感な時期の森嶋帆高の若さゆえの激しすぎる感情を見ていて、ハラハラしましたし怖ろしくも思いました。しかし懐かしい気持ちになりました。とても複雑で心が乱される気持ちにもなりました。天野陽菜がとても可愛い女の子で、年齢よりも大人びている魅力的な子だと思います。帆高に対しては、ちょっと小生意気な態度もして魔性な感じもしました。しかし透明感があり、弾むような晴れた明るい天気が本当によく似合う元気な女の子だと思います。思春期の帆高が夢中になり、ああいった自制心の効かない行動を起こしてしまうのも彼女の魅力がそうさせたのかもしれません。映画は爽やかなストーリーだけで終わらなかったのは、新海誠監督のメッセージが隠されていたのでしょうか。映像と音楽は美しく聴き惚れ、見とれました。天気の細かな動きや光を描写されていて水一粒のこだわりをとても感じられました。大変な作業だったろうと思います。この映像美を見たくて映画館に足を運んだので期待以上の仕上がりに大変満足でした。
40代男性
40代男性
中年男性の不可解な涙が同時期の他の劇場アニメでも目撃されたのだが、これはやはり、時代の空気を敏感にキャッチし、具現化できる優れた同時代を生きるクリエイターの必然的なシンクロなのだろう。「泣いてるのは俺?、何で泣いてるの俺…」安井刑事に指摘されてそのことに気づく須賀圭介の姿はまるで「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロインの綾波レイのように見えてしまう。本作はハードボイルド探偵や、アメリカンニューシネマといったある種の負け犬たちの悲しみを描いた作品へのオマージュの一面も少なくない比重で描いていると思う。旧作のエヴァも今や懐かしアニメに片足を突っ込んでいる負け犬と言えなくもない存在になっているし。最も象徴的なのは、公開直後に惜しくも解体されてしまった通称「エンジェルビル」こと代々木会館だ、往年の名作ドラマ「傷だらけの天使」のロケ地であるこの建物は萩原健一と水谷豊の都会の天使たちの汗と血とションベンがしみ込んでいたのだが、それを大々的な作品のアイコンとしてフィーチャーしたことには、並々ならぬ監督の思い入れがあるはずである。天と地を繋ぐポイントとして使用されている所からは「ベルリン天使の詩」の東京版を目指したのではないか?とも妄想が膨らむ(エンジェルという共通項)。須賀圭介の涙は今はもう青春物語の影に隠れてメインストリームから消え去ろうとしているかに見える存在たちへの鎮魂の涙なのかもしれない。
30代女性
30代女性
新海誠監督ならではの、都会の街並み、雨の景色、そして雨上がりの景色などの描写は大変美しいものでした。雨の中、主人公が非常階段を駆け上がるシーンは「言の葉の庭」でのシーンを思い起こさせてくれました。今回の主人公とヒロインは16歳前後と、かなり若めに設定されているので、アラサーよりも10代、20代の方が、このラブストーリーを一番感情移入して見れる作品だと思います。若い頃にある「早く大人になりたい」「自立して一人で生きていけるようになりたい」という、若者の感情がアニメという媒体を通して、うまく表現されていると思います。アラサーよりも上の年代になると、主人公とヒロインを取り巻く大人たちに、感情移入して見がちだと思います。晴れ女から派生したファンタジー映画で、原因や要素としては日本特有の神社文化から派生した描写なので、日本にあまり馴染みがない方には少し分かりにくいかもしれません。神社文化の描写は、「君の名は」でも見られたので、前作を見てから今作を見ると、より一層今作への理解を深められるように感じます。これは雨の多い夏の東京の描写が多い作品なので、これからの夏、いえ梅雨が始まる6月に見たくなる一作です。

登録後にもらえる600ポイントで「天気の子」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。