邦画

映画【娼年】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【娼年】動画を無料視聴する方法

映画「娼年」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu 933円 2週間
FODプレミアム 888円 2週間
Amazon プライム 500円 31日間
dTV 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報は各ホームページにてご確認ください。

「娼年」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。追加料金なしで見放題になっています。

映画【娼年】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

娼年の無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「娼年」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「娼年」のあらすじ・みどころ

公式サイトのあらすじ

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛小説。娼夫である主人公リョウと、様々な女性たちのセックスを美しい筆致で描きながら、女性たちの欲望、そしてその近くにある心の傷を優しく肯定する内容は大きな支持を得た。2016年8月には三浦大輔演出、松坂桃李主演で舞台化。俳優陣が観客の目の前で一糸まとわず”表現”するというセンセーショナルな内容で話題騒然となり、全公演即ソールドアウトの伝説の舞台となったことも記憶に新しい。そして遂に、三浦×松坂のコンビで原作を完全映画化。観るものの感情を刺激し、最後には爽快感を感じる鮮烈な愛のドラマが誕生した。
出典:娼年 公式サイト

【娼年のみどころ】
原作は小説なのですが、小説の独特な世界観を、忠実に再現されています。娼夫という仕事を通して、女性の性の奥深さや不思議さを描いており、登場するそれぞれの女性の美しさが感じられます。また、松坂桃李さんの演技も必見です。

今まで爽やかなイメージが強かった松坂桃李さんが、こんな演技ができるんだ、と驚かされます。

続きは映画をご覧ください。

【娼年の感想】
舞台でやっていたものが好評だったことは知っており、足を運ぶことが出来なかったので映画化されたと聞き、期待値が高い状態で見ました。
主演の松坂桃李さんが予想以上に体を張った場面が多く、良い意味でイメージが180度変わりました。これまでも松坂さんの作品はいくつか見ていましたが、どうしても好青年という印象が強く残っていましたが、この作品では濡れ場が非常に多く好青年とはかけ離れたものであり、新鮮な面を見ることが出来ました。過激なシーンが多いため、そこばかりに注目されがちですが女性一人ひとりの背景もしっかりと描かれているのでストーリー自体も満足がいくものでした。

何にも興味がなかった主人公が娼夫という仕事を通して少しずつ人間味を取り戻していく過程が非常にリアルであり、実際に見れない世界を垣間見た気分になれました。

見終わった後には清々しさはありませんでしたが、どんな職業であってもそれを必要をしている人は必ずいて、その道を突き詰めていくことはどんな職種であってもカッコいいものであると再認識するきっかけにもなりました。

松坂さんのファンではなかったですが、この映画をきっかけに非常に興味のある俳優の一人になってしまった程なのでインパクトは強かったです。

登録後にもらえる600ポイントで「娼年」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「娼年」の映画情報

「娼年」のキャスト・出演者

・(森中領(リョウ)):松坂桃李
・(御堂静香):真飛聖
・(咲良):手麻妙
・(平戸東(アズマ)):猪塚健太
・(恵):桜井ユキ
・(田島進也(シンヤ)):小柳友
:馬渕英里何
:荻野友里
:佐々木心音
:大谷麻衣

娼年の監督・スタッフ

監督

三浦大輔

原作

石田衣良

音楽

半野喜弘

脚本

三浦大輔

製作

小西啓介
松井智
堀義貴
木下暢起

「娼年」の感想・口コミ評判

40代女性
40代女性
SNSでママアカウントの方がおすすめの映画!と紹介されていたのをきっかけに当時有料でしたがネットで見ました。いまはAmazonプライム会員なら会員は払えば見れます。前からタイトルと映画はしっていたしR指定もあって過激とは知っていました。過激ではあるものの、裏社会の闇や女性たちの心の隙間、主人公の心の触れた感じが上手に表現できています。ただの大人の映画だけではなくて考えさせられる現代ドラマでもあると思いました。松坂桃李くんもこの映画以降、とても色気が出て男気のある役者になったかと。ヒーロー出身ですがひと肌脱げたと思います。一番個人的に面白かったのは老人の前で人妻といたすところですかね。なぜサングラスをかけてプレイさせられるのか、それがどうしても滑稽に思えてしまったのですがそういう嗜好もあるので笑ってはいけないなと思うけど。他にも自分のおもらしを見てほしいとかもあったり、人の性的なものにいろんな人生があるものかとそういうのも垣間見れて面白い。最初は興味本位だったけど下心だけでは見てはいけないな、と思いました。流石に子供や家族とは見られませんが個人的に何度も見たい映画の一つになりました。舞台版もぜひ見たいです。
40代女性
40代女性
友人からこの映画に出ている松坂桃李の評判を聞いて、見たのがきっかけです。映像的に最初から最後まで暗い印象です。主人公の松坂桃李は大学生役で一見まじめにみえるんですが、裏腹に衝撃的でした。もうみるのやめようと何度も思ったんですが結局最後まで見てしまいました。終始セックスをしていて、松坂桃李はなんでこの役を引き受けたんだろうとずっと思いながらみていました。普通じゃできないんじゃないかとおもいました。映画の中で何人もの女性との激しいセックスシーンでしたが、結局何が言いたいかわからない作品だったように思います。この娼年としての生き方はあっていいものかもしれませんが、個人的にはひきぎみのちょっと変わった目線で見てしまいました。そのくらい私も正直入り込んでしまっていたのかもしれませんが。このようなストーリーがあるということは実際あるのかもしれない話ですがみててなんだか疲れました。最終的に雇い主とは親子関係であったと言うことがわかるのですが、なんだか無理矢理な?印象を受けました。二回見ることはないですし、ひとりでみてよかったと思う衝撃的で破廉恥な映画でした。酷評ですが、全体を通して彼の松坂桃李さんは頑張った、体を張った役をよく演じきったと思います。
20代女性
20代女性
この時世のせいか?エイズウィルス問題に深刻に考えてしまった映画でした。まさか奥深い映画とは思わなかったです。松坂桃李さんが勤めていたバーのカウンターから出てくるお酒に酔いそうになりました。一時もしないまま、女子とのベットシーンがあり、目をつぶってしまいそうになりました。女の子が障害がありベットシーンに違和感を覚えました。なのに松坂さんは勢いがあり狼だなと思わせました。俳優の演技としてすごかったのではないのでしょうか?あの冷めためで襲うのです。怖いですね。そしてお母さん役の人が見張っているというあり得ない設定がアダルトビデオのようでした。そのシーンではまさかお母さんがエイズとは思わなかったです。娘にも感染していたようなので松坂さんにも感染した設定なのでしょう。怖いですね。体を売るというお仕事は命が危ないです。女の子とお母さんは仲が良さそうでアットホームでいがいです。そして背中に悲鳴が走ったのがナンバーワンホストが松坂さんに絡んで自分の体の傷を見せてきたところです。そして松坂さんに手を出そうとしてきて意味が不明でした。あのシーンで冷静な松坂さんはやばいです。最後の方に思ったのですが、松坂さんに思いを寄せていた大学生は可愛そうでした。
30代女性
30代女性
松坂桃李が、色っぽくて生々しくてリアルで、女性なら誰しもが思わず息をのんでしまう作品だと思いました。いろんなタイプの女性が出てくるのですが、ついつい自分をどの女性のタイプか当てはめて観てしまう内容で、いつか自分にもこんな日が、いや、もう訪れているのかもしれないと思わせるような作品です。女性の心の中を赤裸々に引き出し、欲望のを追求し満たそうとする様子は、男性が観るとこれまでの女性のイメージが変わるかもしれないです。それくらい女性の複雑さとシンプルさに衝撃を受けると思います。また、愛とは何か、交わるとは何か、何を満たそうとしているのか、満たされた先には何があるのか、それぞれの形があり、どの形にも共感してしまいます。タイトルやストーリーは非日常のように感じますが、実はとても身近で見ないふりをしていただけだと気づかされます。切なくもあり、むなしくもあり、そしてどこか笑え、微笑ましさも感じられ、人はそのようにしながら自分という人間のストーリーを生き抜くのだと教えてくれます。どの女性も自信があり、自信がない、そんな不安定な気持ちを温かくそして真っ向から受け止めてくれる男性と出会えた、そのよりどころの心強さに女性は身も心も委ねたいと思うのでしょう。
40代女性
40代女性
松坂桃李さんの体当たり演技が話題となりましたが、原作は「池袋ウエストゲートパーク」などで有名な石田衣良さんで、作品としては1人の青年の成長を描いた良作だと感じました。心に傷を抱えた1人の大学生が、とある女性との出会いで高級コールボーイとなり、同様に傷を持つ年上の女性達と心と身体を通わせることで癒されて行くのですが、見ている方もほっとする展開でした。見どころは、やはり松坂さんと女性達のベッドシーンです。女性達のタイプが様々なので、時に荒々しかったり時にとろけそうに優しかったり、いろんな表情の松坂さんを見ることができて、ファンは嬉しいと思います。一方で、「えっここまでやるの?」と言うハードなプレイもあるので、複雑な気持ちになるファンもいるかもしれません(私はファンではないので第3者目線です)。ですが、濡れ場のシーンはカメラワークや音楽がとても凝っていて、エロスよりはアート寄りだと感じました。そのため、少し変わった設定の濡れ場んどは、冷静な目線で見るとコミカルに感じてしまう部分も少しありましたが、AVに感じられるような嫌悪感はありません。松坂さんのみならず、顧客として関わる女性達の演技も素晴らしいです。
30代女性
30代女性
松坂桃李さんが好きでこちらの作品を観ました。舞台でとても話題になっていて、同じ内容だと聞いたので是非観たい思っていました。観た感想は、松坂桃李さんファンなら、ショックな一面もありますが、実にセクシーで、主婦の私でもときめいてしまうぐらい素敵な作品でした。この作品の素敵なところは、自分松坂桃李さんとしているような疑似体験ができることだと思います。あんなセクシーな顔で画面越しでみられたら、誰でもうっとりしてしまいます。結婚して、何年もたつと、旦那にときめかなくなります。男性はAVがあっても、女性は物語を重視します。なので、こちらの作品は女性を女として復活させてくれる最高の作品だと思います。年老いても女性であることをやめたくないのです。現実、不倫や浮気はすごく叩かれてしまいますが、映画の中で妄想の世界で楽しむ分には誰も傷つけません。私は、ドキドキときめき直したいときにこちらの作品を見る事を是非お勧めします。観終わった後、高揚感と、明日からまた頑張れる活力につながり、もしかして、こんな素敵なかたと知り合えるかもしれない期待感でドキドキしながら、日用生活を送れると思うので、観てない人は一度観て下さい。

登録後にもらえる600ポイントで「娼年」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。