邦画

映画【何者】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【何者】動画を無料視聴する方法

映画「何者」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu 933円 2週間
FODプレミアム 888円 2週間
Amazon プライム 500円 31日間
dTV 300円 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報は各ホームページにてご確認ください。

「何者」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。追加料金なしで見放題になっています。

映画【何者】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

何者の無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「何者」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「何者」のあらすじ・みどころ

公式サイトのあらすじ

ひとつの部屋に集まった5人の男女。

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤 健)
拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)
瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)
拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)
就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良(岡田将生)

理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。
それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。

「私、内定もらった…。」
やがて「裏切り者」が現れたとき、
これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。
人として誰が一番価値があるのか? そして自分はいったい「何者」なのか?

いま、彼らの青春が終わり、人生が始まる。
出典:何者 公式サイト

【何者のみどころ】
大学生が就職活動をする中で、仲間とともに、悩みを抱えて頑張っていく話です。佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、山田孝之、岡田将生という豪華メンバーが出演しています。就活の実態が見られます。

仲良し見えても、内定者が出てくると、雰囲気が変わってきます。匿名でのSNSの投稿も、大きな意味を持ちます。いまどきに就活生の悩みを描いているのだと思います。

続きは映画をご覧ください。

【何者の感想】
人の事ばかり分析して、人の事を見下してきた拓人。就活は情報収集や分析力のある人が有利だと信じて、毎日同じような服を着た学生たちが自分をよく見せようとしたり感情を剥き出しに面接に挑む様子を一歩ひいたところで分析をしている拓人の姿に人間の弱さが見える。周りの友人が内定をとっていく焦り。私はこの作品で瑞月が言った”10点でも20点でもいいから自分の中から出しなよ”という言葉がすごく印象に残っている。

就活のマニュアル本や面接模範回答集にある言葉をいくら暗記したって、自分の事に少しだけ置き換えて使ったところで誰も評価をしてくれない。家族でも友人でもない、他人に評価してもらうという事がどういうことなのかを考えさせらえた。いくらかっこ悪くたって馬鹿にされたっていい。大切なことは自分をどう見せたいのかということではない。

自分がどうありたいかということなのだ。拓人はとっくに気が付いていた。人の事を批判的な分析をしながら、自分の弱さを棚に上げ見えないふりをするそんな自分のカッコ悪いところに。そして、気が付いたのだ。ありのままの自分を肯定することこそが就活の第一歩であることに。この映画の終わりは、拓人の本当の意味での人生が始まった瞬間であったのだ。就活に行き詰まるっている、人生に悩んでいる全ての人にみて欲しい作品である。

登録後にもらえる600ポイントで「何者」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「何者」の映画情報

「何者」のキャスト・出演者

・(二宮拓人):佐藤健
・(田名部瑞月):有村架純
・(小早川理香):二階堂ふみ
・(神谷光太郎):菅田将暉
・(宮本隆良):岡田将生
・(サワ先輩):山田孝之
:中山求一郎
:藤原季節
:加弥乃
:今村美歩

何者の監督・スタッフ

監督

三浦大輔

原作

朝井リョウ

音楽

中田ヤスタカ

脚本

三浦大輔

製作

市川南

「何者」の感想・口コミ評判

20代男性
20代男性
私はこの映画を観て思ったことが、「こんな展開になるの?」でした。もちろん映画自体は好きでしたし、面白かったですが、ハッピーエンドでもなければバッドエンドでもない感じのモヤモヤ感が後を引くような印象でした。登場人物も豪華で観るのが非常に楽しみでした。役柄もみんな個性的で「身近にこんな友達や知り合い居るなー」と思いながら観ていました。しかし、映画を観終わった後、これがこの映画で伝えたいことだったのかと思いました。就活に生きる若者たちを題材にしていたと思いきや、実はそうではなく、就活を通して個々の悪い部分というか闇の部分が出てくるところをこの映画では伝えたかったのかなと思いました。僕の性格(タイプ)としては山田孝之演じるさわ先輩にそっくりだと思い、「客観的に観るとこんな感じか」と少し傷つきました。私は岡田将生演じる宮本が一番苦手なタイプでした。実際に身近にもこのような人が居たのと、本当に口だけで行動には示さないタイプがどうも好きにはなれません。映画の登場人物に関して、視聴者の誰もが「これ僕だ、私だ」と思ったと思いますし、自分の今までの言動や行動を振り返ったと思います。僕もそうです。これから自分自身の行いを見直そうと思った映画でした。2回目を観ると1回目とは違った見方になるので、尚面白いかもです。
40代女性
40代女性
就職活動をしていた息子たちや友達の様子と重なると共に、自分自身の社会人デビューのころを思い出しました。自分をさらけ出すことの意味について深く考えました。プライドを鎧にしていると、傷つかないかもしれないけれど、そこから脱却できないのかなと哲学的なことも考えました。何人かのキャラクター設定が、「こういう人身近にいるなあ」と想起させる人ばかりで、その人のことを思い浮かべながら視聴しました。キャストは、佐藤健さん、菅田将暉さん、二階堂ふみさん、有村架純さんというとんでもなく豪華キャストなので、すごくお得な気分になりました。若いのにみんな演技上手です。就職活動をする前の学生さんに是非見てほしい作品です。つまづくことは無駄ではないし、自分が何者かを見極めることで、人生の主役になっていくのだと思います。また、逆に自分をどうマネジメントして演出していくかを楽しむのも、人生のステージに立っているということになるのかなと考えました。現代の就職活動の在り方は、もしかしたら社会全体で見直す必要もあるのかもしれません。原作の作者さんは、本当は就職のシステムにも提言したかったのかなと思いました。映画を見て、原作の作者さんはどんな人なのかに興味をもちました。
女性
女性
自分は誰のか、何者になりたいのか。SNS世代に容赦なく突き刺さる大人たちからの刃。朝井リョウさんの作品は元々好きで、原作小説を買ってしまうほどにファンになりました。見どころは最後の20分。就職活動に苦戦する主人公の「本音」が見えるシーンです。大学生活を送る中で、友人や仲間にも本音が言えず、優しくしてくれる先輩にも猫をかぶっているような主人公。これはまさに、今の大学生にある風景で、高校生までとは違う入学当時に知り合ったたまたま席が隣の他人とどう向き合ったらいいかを考えさえられます。主人公を含む就職活動対策本部(就職活動を一緒に頑張るグループ)のメンバーは皆、それぞれに特技を持っていて、中には学生ながら「仕事」と称して、独自のアイディアを他人に売り込む者もいました。私が学生の頃は早く大人になりたいという思いが強かったので、まさにこの「意識高い系」でした。有村架純演じる女性が、この意識高い系に放った、”自分の努力を見ていてくれる人なんか誰もいない”という一言は心に刺さり、今働いている職場で成果主義を採るようになりました。他人と比べてではなく、自分は何者なのかを見出せたもののみが就職活動を乗り越えられるんだろうと思いました。

登録後にもらえる600ポイントで「何者」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。