邦画

映画【マチネの終わりに】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【マチネの終わりに】動画を無料視聴する方法

映画「マチネの終わりに」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 550円 1990円 31日間
Hulu × × 933円 2週間
FODプレミアム 500円 888円 2週間
Amazon プライム 400円 500円 31日間
dTV 400円 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報は各ホームページにてご確認ください。

「マチネの終わりに」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。無料登録でも600円分のポイントがもらえるので、追加料金が必要な「マチネの終わりに」も無料で視聴できます。

映画【マチネの終わりに】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

マチネの終わりにの無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「マチネの終わりに」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「マチネの終わりに」のあらすじ・みどころ

公式サイトのあらすじ

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、
公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。
ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。
出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。
洋子には婚約者がいることを知りながらも、
高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。
しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、
蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。

互いへの感情を心の底にしまったまま、
別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは―
出典:マチネの終わりに 公式サイト

できる限りネタバレしないようにしていますが、見るとある程度ストーリーは分かってしまいます↓

【マチネの終わりにのみどころ】
自身のパフォーマンスに自信が持てず、苦しみの渦中にいるクラシックギタリストの蒔野と
パリの通信社に所属し、社会問題の最前線で活動しているジャーナリストの洋子。
すれ違い続けた2人の出会いから6年間の日々を描いた恋の物語。
邦画では珍しい、大人による大人のためのラブストーリー。

クラシックギターの繊細な旋律や、パリやニューヨークなどの美しい街並み。
大人の恋をしっとりと綴った青春映画にはない上品さが魅力。

主演の福山さんが、クラシックギターを実際に演奏しているシーンも見所です。

続きは映画をご覧ください。

【マチネの終わりにの感想】
久しぶりにきゅんとする映画を見ました。自分自身が音楽家であるため、主演の福山さんと重ねながら観ました。大人のしっとりとした恋愛模様も美しく、見とれながら観ていました。福山さん演じるギタリスト、つまり音楽家は、夢を追い続ける姿はとても素敵ですが、実際問題において将来、生活スタイル、人生設計、収入など不安定な部分が多いと思っています。ですが石田さん演じるジャーナリストはそれなのに惹かれてしまう、そしてすれ違ってしまう。燃え上がる気持ちと、現実的な問題の間に二人が揺れている様子がなんとも切なく感じました。婚約者とそのまま結ばれれば何不自由ない生活が保障されているだろう。だが福山さん演じるギタリストにあんなに情熱的にアプローチされたら…どんな女性でも迷ってしまうなと感じました。あのワインを飲みながら食事するシーンはとても印象に残っています。そしてもちろん横槍によるハラハラする展開もあり、最後までドキドキする展開でした。また全体を通して色彩が美しく、ロケ地も素敵でその点も好感が持てました。ぐっと掴まれるような強いパワーはありませんでしたが、見終わった後になんだか少し考えさせられてしまうような気持ちになりました。

登録後にもらえる600ポイントで「マチネの終わりに」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「マチネの終わりに」の映画情報

「マチネの終わりに」のキャスト・出演者

・(蒔野聡史):福山雅治
・(小峰洋子):石田ゆり子
・(リチャード新藤):伊勢谷友介
・(三谷早苗):桜井ユキ
・(中村奏):木南晴夏
・(小峰信子):風吹ジュン
・(是永慶子):板谷由夏
・(祖父江誠一):古谷一行

マチネの終わりにの監督・スタッフ

監督

西谷弘

原作

平野啓一郎

音楽

菅野祐悟

脚本

井上由美子

製作

石原隆
畠中達郎
市川南
佐渡島庸平

「マチネの終わりに」の感想・口コミ評判

50代女性
50代女性
美しい街並みの風景、美しいギタリストと美しいジャーナリストに心を動かされました。純粋なラブストーリーです。大人の恋は、損得勘定が絡みがちだし、これまでのキャリアや経験が邪魔することもあるんだろうと思いつつ、誰にも止めることのできない相手を大切に思う心が、はかないけれどくすぶり続けて、情感を漂わせていると、心の奥底に響きました。ギタリストの苦悩と、哀愁漂うメロディが耳から入って体に染みわたって、よけいに琴線をゆさぶってきます。福山雅治さんの、この音楽を聴くだけでも必見だと思いました。クラシックギターを本格的に聞いたことはありませんでしたが、魅力を感じました。福山さんの演奏の姿勢がとにかくかっこいいし、表情がすごく素敵です。大人の魅力に溢れています。芸術を追究するからこその孤独や、自分を乗り越えていくために自分に向き合っていく様をとても上手に表現しています。こんな音楽を聴きながらこんな恋をもう一度してみたいなと、あこがれに似たような気持ちがわき上がってきました。結婚という形とは何か、運命とか縁についても考えさせられました。パリやニューヨークの様子も、よく伝わってくる映画だったので、撮影された所を訪れてみたいなと思いました。
男性
男性
主人公はパリのジャーナリストと日本のクラシックギタリストと言うことで、スケールが大きく見どころのある大人の恋愛ストーリーでした。パリやニューヨークでのロケもあり、風景が美しいのはもちろん、終始流れるクラシックギターもの音色も素敵です。特に物語のキーとなる「幸福の硬貨」という楽曲のメロディーが優しくて、印象に深く残りました。主演の福山雅治さんと石田ゆり子さんの演技も素晴らしく、壮大な風景と音楽にこの上なくぴったりでした。先に原作を読んでいたので、蒔野と洋子がどう惹かれあっていったのか、当時から早苗が洋子にどのような感情を抱いていたのか、真実を知った蒔野の早苗への葛藤など、もう少し描かれていたらさらに良かったなとは感じましたが、逆に限られた時間でよくまとめたなという思いもあります。見ている側としては、どうしても主人公2人の幸せを願ってしまうので、それを邪魔する障害物が狡猾であればあるほど、ひどく憤りを覚えました。原作を読んだ時は、そのすれ違いの原因に怒り狂いましたが、時間を置いてこうして映画を見てみると、あのすれ違いがあったからこそのラストシーンなのだと、ラストがよりとても素晴らしいものに感じて、自分の心も救われた感じがあります。映像や音楽の力を思い知りました。
女性
女性
石田ゆり子さん主演ということで興味があり久々に映画館で観た映画です。平野啓一郎さんの原作を読んでいたのでストーリーに惹かれた部分も大きいです。平野啓一郎さんらしく政治的な要素もあり単なるラブストーリーではない奥深さのあるお話でした。その政治的な背景が大人のラブストーリーとして上手く作用しているように感じました。原作を読んでいた為、洋子役に私なりのイメージがあったのですが、石田ゆり子さんはまさに洋子そのものでした。天才ギターリスト役の蒔野を演じた福山雅治さんも実際にミュージシャンということもありギターを演奏するシーンがとてもリアルの感じられました。クラッシックギターというあまり聴く機会のないギターがとても魅力的に感じられました。最初に出会って既に惹かれあっていた二人なので、すんなりと結ばれそうにも感じられますが、6年もの歳月の間ほんの数回しか出会うことがないまま過ぎていってしまうのがもどかしく切ない気持ちにさせられます。限られた時間しか過ごすことが出来ないとわかっているからか、パリでの洋子の部屋でのシーンはとても印象深いです。パリだけでではなく、ニューヨークなど海外の素敵な景色もこの映画を魅力的に感じる部分です。
女性
女性
一言でいうと、「大人の未熟な恋」といった感じです。ふとしたきっかけで知り合った大人の男女が、前世がツインレイであったかのように惹かれあっていきます。それはもう、待ち合わせ場所にスキップしていきたくなるくらい。出会ってから、恋仲になるまでい時間はかかりませんでした。キスでもセックスでもなく二人はお互いの愛を確かめ合うように。このキスでもセックスでもないところに、福山雅治と石田ゆり子の大人の魅力を感じました。しかし、もう彼らは「大人」だった。お互いにパートナーも子供もいました。好きという気持ちに気づいたときには、それぞれが泣くしかない未熟な恋でした。本業もミュージシャンである、福山雅治の演奏シーンと表情は、悲しみを訴えるのには最高のアングルでした。数年たち、悲しみの記憶が薄れてきたころ映画の最期を迎えます。お互い同じ場所にいるような、公園のこちら側と向こう側にいるような背景でしたが、「二人が再開」したという明確なカメラワークではありませんでした。監督が視聴者に、「運命ってあると思う?」というように続きを連想させるような終わり方でした。私はこのキスしてハッピーエンドではない、ニュートラルな、大人の終わり方が好きです。

登録後にもらえる600ポイントで「マチネの終わりに」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。