2020年

ドラマ【ハケンの品格(2020)】見逃し動画を1話から無料フル視聴する方法|あらすじや感想・見どころキャスト等

【ハケンの品格(2020 第2シリーズ)】動画を無料視聴する方法

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」を配信中の動画配信サービス

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」を見るならHuluが一番おすすめ。追加料金なしで見放題になっています。

【ハケンの品格(2020 第2シリーズ)】はHuluでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

Huluは2週間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン操作だけでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

ハケンの品格(2020 第2シリーズ)の無料フル視聴でおすすめはHulu

Huluの魅力

日テレ作品や、人気映画、ドラマ、アニメなど6万本以上配信
・Huluオリジナル作品も多数
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
・動画をDLしておけば、ネット環境がないところでも見れる
・いつでも解約可能

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はHuluホームページにてご確認ください。

<Hulu利用者の声>

30代女性
30代女性

日テレの作品が見たくて利用し始めました。2週間無料なので、ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、6万本以上もあり、子供もアニメにハマりまくって、ずっと継続しています。月額1026円で家にいるだけで好きな映画やアニメを見れるので、かなり重宝しています。特に自粛期間中はかなりお世話になりました。DL機能があるので家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでめっちゃ便利です!

Huluなら追加料金なしで「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」を無料フル視聴可能!

今すぐ無料お試し

Huluは2週間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン操作だけでOK。

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」の各話のあらすじ・みどころ

1話のあらすじ・見どころ・感想!見逃し動画

公式サイトのあらすじ

かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)は呟く。「今、彼女が来てくれたら…」当時を知る浅野務(勝地涼)が聞く。

「まさかあの人呼ぶんですか」。
「私を雇って後悔はさせません。三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」
こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原涼子)は戻ってきた。

「とっくりが舞い戻ったって本当か!」 旭川支社 支社長補佐の東海林武(大泉洋)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。
そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし商談は決裂寸前。すると里中の携帯が鳴る。新人ハケンの小夏(山本舞香)からだった。

「助けてください。人事部の人達に監禁されて・・・」
ハケンの亜紀(吉谷彩子)が社員からセクハラされているのを、小夏が匿名で告発したら、
軟禁されてしまったらしい。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏達、研修中の東海林。実は、この後春子の決断で彼らの身にトンデモない出来事が同時に起ころうとしていた・・・。
出典:ハケンの品格 公式サイト

【ハケンの品格1話の見どころ】
第1話の見どころは、シーズン1の登場人物たちが再登場するところです。シーズン1でヒロイン・大前と密接に関わった東海林・里中はもちろん、シーズン1では新入社員だった浅野も再登場します。

シーズン1のファンにはたまりません。シーズン1から長い時が流れ、現実も作中も世相が変わっていったのと同時に、登場人物たちの立場も変化している点も見どころです。

【ハケンの品格1話の感想】
私はこの作品のシーズン1が大好きだったので、1話が始まるのをとても楽しみにしていました。シーズン1を初めて見た時私は学生で、社会のことを何も知らなかったので、社会人になった今、よりこのドラマを楽しめるだろうと思っていましたが、まさにその通りでした。

少々現実離れしたノリや展開もありますが、それが逆に前作を彷彿とさせ、懐かしい気持ちにさせられました。同じような立場・職業の人が共感できるようなシーンも多い一方、ぶっ飛んだ展開もあるため、フィクションとして気楽に楽しめる作品だと思います。1話を見始めて最初に驚いたのは、今回のシーズンでメインで登場するのが里中であるという点です。

シーズン1では明らかに東海林がメインだったので、おっと思わされると同時にワクワクもしました。また、この作品の大きな見どころである、大前が様々な資格を駆使して窮地を乗り越えるというストーリー展開も健在で、「まさかまさか?」「やっぱり〇〇の資格持ってた!」と盛り上がれます。複数人で見るとより楽しめるドラマだと思いました。オープニングテーマと映像も凝っていて、かっこよさとお洒落さ、そしてシュールさが絶妙に織り交ぜられており、大好きになってしまいました。

2話のあらすじ・見どころ・感想!見逃し動画

公式サイトのあらすじ

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。

そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。
「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。
きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。しかしそれが裏目に出てしまい・・・。

一方、宮部新社長(伊東四朗)の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功。

小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。
ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がる―。
出典:ハケンの品格 公式サイト

【ハケンの品格2話の見どころ】
第2話の見どころは、社会人なら誰しもが1度は経験があるようなリアルな展開と、それと相反するようなフィクション性が高い展開です。前者では、仕事にやりがいを見つけたい、価値のある仕事をしたい、と考えた派遣社員が、ついつい自分の領分ではない仕事に手を伸ばしてしまう話で、その心理に共感できる人も多いと思います。

それに対する後者の荒唐無稽っぷりが面白く、肩の力が抜けるような、抜けないような…そんなシュールさが見どころです。

【ハケンの品格2話の感想】
第2話では、自分の仕事に価値を見出したい若い派遣社員が、ついつい出しゃばってしまい、しかもミスを犯してしまうというのが大まかなストーリーでした。彼女の心理は、若い人なら共感できる人が多いと思いますし、私自身、「自分にもこういう頃があったな」と共感してしまいました。

そして、ミスが発覚したときのヒヤッという感覚。自分の仕事ならまだしも、自分のために他人に謝らせなければいけないようなミスだと、よりダメージが来ます。このあたりの描写がリアルで、観ている方も少々ドキドキしてしまいました。そこで安易に助け船を出さないところが大前春子です。しかし物語後半では一転、面白い展開が待ち受けています。私も家族も、見ていて「それはどうなの!?」と思わず笑ってしまうような展開でした。しかし、前作を愛する私としては、むしろ嬉しいようなシュールさでした。

現実離れした展開というか、「そうはならないでしょう」という展開なので、もしかしたら賛否両論あるかもしれませんが、前半の重々しさもひっくるめてフィクションとして昇華されたような気がしたので、個人的には大好きです。また、里中と大前のやりとりも、お互いに深いところまで突っ込まないところがまた魅力的だと思います。

3話のあらすじ・見どころ・感想!見逃し動画

公式サイトのあらすじ

新入社員の井手(杉野遥亮)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。
社員食堂で亜紀(吉谷彩子)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児)の怪しい姿だった。逆立ちしてふざけているように見える牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上!クレーム殺到で、スーパーではS&F社の商品が撤去される始末。

その頃S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端に不味くなっていた。

里中(小泉孝太郎)は社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原涼子)に以前の味の再現を業務命令する。

しかし春子はあと一歩のところで、あの味を再現できずにいた。
そんな中、春子の昔を知るある人物が現れ…。
出典:ハケンの品格 公式サイト

【ハケンの品格3話の見どころ】
第3話の見どころは、珍しいくらいに変化するヒロイン・大前の表情です。演技で表情を作っているシーンも魅力的なのですが、心の底からこみあげる感情によって表情が変化するシーンもあり、非常に珍しく印象的です。

また、多くの資格を有するスーパー派遣も、陰では努力をしているのだという事実の一端を垣間見るとができる点も見どころです。

【ハケンの品格3話の感想】
第3話では、大前の表情の変化が魅力的でした。シーズン1でも、何か必要があって、演技で表情を変えるシーンは記憶にありましたが、こみ上げる感情によって、表情がありありと変化するさまは記憶になかったので驚いてしまいました。

そして、大前が陰で試行錯誤するシーン。当然と言えば当然ですが、有能な大前でも(有能だからこそ)努力をしているのだということを知れてよかったです。今回のキーとなるのは「カレー」でしたが、この話の中で、おいしそうなカレーが調理段階から何度も登場するので、飯モノ好きとしてはたまりませんでした。見ていておなかが空くような話でした。

また、今回の話のテーマである「ネット炎上」というのが時代を反映していて良かったです。これぞ、ハケンの品格2020年バージョンであると感じました。ネット炎上と言えばもちろん(といっては失礼かもしれませんが)若者の社員が絡んできます。炎上させた張本人にイマイチ罪の意識が感じられないという点もリアルだなと感じました。しかし、その新入社員も、今後だんだんと仕事に対する意識が変わってくるだろう、という雰囲気を感じられたので、今後の展開が楽しみです。オチも納得がいくもので、個人的にとても好きなストーリーでした。

4話のあらすじ・見どころ・感想!見逃し動画

公式サイトのあらすじ

自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。

実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。そんな中、井手と三田(中村海人)は初めての営業で、配ってはいけない回収品のサンプルを持って回ってしまう。その失態を知った井手は姿を消してしまいー。
出典:ハケンの品格 公式サイト

【ハケンの品格4話の見どころ】
1つ目のみどころは、新入社員の井手裕太郎(杉野遥亮)が家のごみを会社に捨てるところを大前春子(篠原涼子)が発見し、ごみ箱に捨てた包丁を持って、「これは燃えるごみではありません」と注意するのですが、宇野一平(塚地武雅)が「なまはげみたいに包丁振りかざして大前くんは注意の仕方が乱暴すぎるよ。」と、けっこうまともな注意(つっこみ)するシーンです。2つ目は、息子に会いに母親が来た時、井手が行方不明になっていたため、そのことを気づかれないために、東海林(大泉)が必死に時間稼ぎをするシーンです。

【ハケンの品格4話の感想】
久しぶりに東海林(大泉洋)が出てきたのがうれしかったです。里中(小泉孝太郎)から井手が行方不明中だから、もっと時間稼ぎしてと指示されたあと、必死に東海林が北海道支店で開発した黒豆ビスコッティの誕生秘話や、ビスコッティとクッキーの違いについてのクイズを出したりと、井出の母親からすれば全くどうでも言い話をひたすらしていて、女社長の美香(キムラ緑子)も、最後は遠い目をして窓の外を見ていたあたりが、めちゃくちゃ面白かったです。あのしゃべりは大泉洋だからできる技だと思います。私的には、キムラ緑子のキャラクター的にもっと騒がしいアクの強い母親役を演じられるのかなと思っていましたが、実際は上品で物静かな役だったのが意外でした。母親がいる前で、大前春子が井手に厳しく接しているとこを見て、社員は冷や冷やしていましたが、母親だけは、「引き続き息子を厳しく育ててやってください。」と言って帰っていったので、ちゃんと甘やかさず厳しく育てたいという母親の気持ちが伝わってきてジーンときました。井手は、仕事に対して全然やる気ない感じでしたが、派遣社員に罪がきせられそうになったときに、責任を取ろうと冷凍庫に行って仕訳けをしたり、最後、宇野部長にも自分の撒いた種だと正直に言うところなど、性格はとても良い子なのかもしれないと思いました。大前春子に自分の心境を話して最後、大前さんみたいになりたい。と言っていたので、
来週以降で井手がもっと仕事に前のめりになっているのかもしれないと、その変化に注目したいなと個人的に思ってしまいました。

5話のあらすじ・見どころ・感想!見逃し動画

公式サイトのあらすじ

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」
東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。
東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。
そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。
出典:ハケンの品格 公式サイト

【ハケンの品格5話の見どころ】
出来次第、掲載します。

【ハケンの品格5話の感想】
出来次第、掲載します。

Huluなら追加料金なしで「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」を無料フル視聴可能!

今すぐ無料お試し

Huluは2週間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン操作だけでOK。

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」のドラマ情報

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」のキャスト・出演者

・(大前 春子):篠原涼子
・(里中 賢介):小泉孝太郎
・(浅野 務):勝地涼
・(井手 裕太郎):杉野遥亮
・(福岡 亜紀):吉谷彩子
・(千葉 小夏):山本舞香
・(三田 貴士):中村海人
・(近 耕作):上地雄輔
・(宇野 一平):塚地武雅
・(東海林 武):大泉洋
・(宮部 蓮三):伊東四朗

ハケンの品格(2020 第2シリーズ)の監督・スタッフ

演出

佐藤東弥
丸谷俊平

プロデューサー

櫨山裕子
山口雅俊
秋元孝之

チーフプロデューサー

西憲彦

脚本

中園ミホ 他

製作

日本テレビ
オフィスクレッシェンド

「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」の感想・口コミ評判

集まり次第、掲載します。

Huluなら追加料金なしで「ハケンの品格(2020 第2シリーズ)」を無料フル視聴可能!

今すぐ無料お試し

Huluは2週間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン操作だけでOK。