邦画

映画【カメラを止めるな!】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【カメラを止めるな!】動画を無料視聴する方法

映画「カメラを止めるな!」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu 933円 2週間
FODプレミアム 888円 2週間
Amazon プライム 500円 31日間
dTV 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

「カメラを止めるな!」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。追加料金なしで見放題になっています。

映画【カメラを止めるな!】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

カメラを止めるな!の無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「カメラを止めるな!」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「カメラを止めるな!」のあらすじ・ネタバレ

公式サイトのあらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。?本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!?大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。
出典:カメラを止めるな! 公式サイト

【カメラを止めるな!のあらすじ】
舞台は山奥の廃墟から始まります。目を覚まして!とゾンビ化して自分に襲いかかろうとする男の子に斧を向けて叫ぶ女の子。女の子は、必死でゾンビと戦おうと斧を持っていますが、ゾンビ化した男の子は恋人の為、手を出す事が出来ません。

そのまま、ゾンビに追いつめられ、女の子はゾンビに首を噛まれてしまいます。愛してる、、と囁き、力尽きる女の子。

「はい、カット!」というかけ声とともに撮影隊が近づいてきます・・・

続きは映画をご覧ください。

【カメラを止めるな!の感想】
後半からどんどん面白くなるという前評判を聞いて視聴したのですが、その通りの映画でした。

正直前半はB級のゾンビ映画の様で、どこがそこまで評価される程面白いのだろう、と思って見ていました。しかし、その場面が終わると今度はその映画の企画シーンに戻り、先程のゾンビ映画は撮影だったのだと分かります。

その後撮影に至るまでの間が描かれるのですが、実はそこでさらに伏線が上乗せされます。そして撮影が始まり、再度前半に見たゾンビ映画を見ることになるのか、と一瞬退屈に感じてしまうのですが、それは間違いでした。積み重ねられた伏線を、撮影の間に見事に全て回収していき、爽快感すら感じました。

私が特にお気に入りのシーンは、ゾンビに襲われた悲鳴だと思ったものが、実はトイレがもう我慢できなくなった悲鳴だったというオチと、不自然にカメラがズームインしたりズームアウトしたりして、不気味さを感じたシーンが、その演出をやりたがっていた見習いカメラマンがカメラを手にし、本番で試してしまったものだった、というオチです。この2つは前半のシーンで印象に残っていただけに意外性が強く、やられた!と感じました。

また、コメディ色だけではなく、中盤の映画企画から撮影に至るまでのシーンは関係者が十人十色でヒューマンドラマ的な要素もあり、さらに良い作品にしていると感じました。

登録後にもらえる600ポイントで「カメラを止めるな!」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「カメラを止めるな!」の映画情報

「カメラを止めるな!」のキャスト・出演者

・(日暮隆之):濱津隆之
・(日暮真央):真魚
・(日暮晴美):しゅはまはるみ
・(神谷和明):長屋和彰
・(細田学):細井学
・(山ノ内洋):市原洋
・(山越俊助):山崎俊太郎
・(古沢真一郎):大沢真一郎
・(笹原芳子):竹原芳子
・(吉野美紀):吉田美紀

カメラを止めるな!の監督・スタッフ

監督

上田慎一郎

音楽

永井カイル

脚本

上田慎一郎

「カメラを止めるな!」の感想・口コミ評判

20代女性
20代女性
もともと洋画の方が好きで、ブームになっていた時もあまり興味がありませんでした。むしろワンカメ撮影は気持ち悪くなりそうと思って見る気もありませんでした。たまたまテレビでやっていた時に見てみたら、予想以上に面白かったです。見始めて1時間くらいはこれのどこが面白いんだろう?何がそんなにはまったのか?と思って見ていました。最初の1時間で映画が終わったと思って、え、こんなに短いの?とテレビ欄を確認するとまだ放送時間が余っていました。何かのミスなのか?と思いつつテレビをつけたまま、終わったと思っていたのでので携帯を見たりトイレに行ったりしていたら、続きが始まり、あわててもう一度見始めました。続きが始まるとだんだん面白くなってきて、なるほどこういうことか!と納得しました。撮影している映画の内容としては同じなので、同じ1時間映画を2回見ているような感じですが、1回目とはまったく違う観点で、映画の裏側を見ている感じでした。なので途中で飽きることもなく、どんどん引き込まれていきました。冒頭でワンカメは気持ち悪くなりそう。と言いましたが、気持ち悪くなることもなく、見終わった時にはこの作品が人気になった理由が納得でき、なんだかスッキリした気分でした。
30代男性
30代男性
見る前年にとても大はやりした映画。SNSでも瞬く間に人気が出て気になってはいたのですがまったく見れず、テレビで特集が出てもポカーンな状態。地元の映画祭に主演の濱津さんがトークショーに来るというきっかけで同時上映の映画でようやく見ることができました。最初の方はチープな作り、濱津さんの滑舌の悪さ、B級映画の匂いプンプンですごく不安になり、客席もシーンとしてました。なんだかこれは変な映画、つまらない映画、なぜ流行ったんだ?と思ったころには半分映画は過ぎていて、そこから急展開。映画の裏側がわかったところでああ、このシーンの裏側はこうだったからこういう違和感があったのか!というシーンが多く、瞬く間に客席も私も大爆笑。所々出てくる女優のドングリさんのひょうきんな演技もいいスパイスになっていました。ネタバレを一切見ずに見た方がいいのは本当だ!と思います。まっさらな状態、ほとんど知らない役者さん、調べずに見に行って正解。その後のトークショーで低予算で作られたこと、主人公の家は監督の家など裏話も聞いたり、道具のことやキャストの苦労話を聞いてから再び見てさらに面白さは倍増しました。リピーターが多いのも肯けます。私も後何回もお代わりしたいです。最初は本当にゾンビ映画ぽいのでお子さんは怖いかもしれませんが最後は笑って終える映画です。
30代女性
30代女性
数ある「低予算映画」の中から、近年ヒットする作品がなかった中でクチコミで人気が爆発した映画「カメラを止めるな!」。映像制作に関わったことのある観客であれば、ある時点からの展開は笑えるに違いない。2回以上見るとカメラに映らない外側の人間模様を想像するだけで笑えてくるのだ。この映画は認知度も人気も高い俳優が演じる映画とは違った楽しみ方があるように思う。無名の俳優たちが織りなすドラマは逆に展開が想像できず見ていてハラハラしてしまう。つまり安心感がないというか未完成な感じがするのだ。だがそこがスターを起用した洋画のビックタイトル映画にはない良さである。画面は揺れるし、俳優たちも汚い。心地よさはないが懐かしい汗臭さがどこか親近感を持って見てしまうのだ。有名監督の洋画や邦画、原作のあるアニメーション作品がスクリーンにかかることが多い昨今どこかどれも完成した想像力を必要としない映画が多いように思える。本来映画とは想像だにしない作品と出会えるものではなかったか?観終えた今そんなことを思ってしまった。撮影にかかった予算に関係なくアイデアでここまで楽しめるストーリー展開を考えた監督やスタッフにも拍手を送りたい。
50代女性
50代女性
評判になっていると聞いて、どんな作品か知らずに見に行きました。「すごい映画だ」という評判を聞いて見に行っているので、どこがすごいんだろう?と思いながら見はじめました。ストーリーとしては、映画を撮影していたはずが事件が起きてそれがドキュメンタリーになってしまうというもので、うわーやだなー、この感じの映画ーと思い、ハラハラしながら見続けていたら、あっけなくラストが来てしまい、ラストもものすごく救いようがなく後味が悪いもので、あれ?これのどこがすごいの?確かにドキュメンタリーとして面白くはあったけれど、なんにも刺さらない映画で期待外れだなーという気持ちでした。が、続きがあって、ここからの回収大逆転劇がすごかったんですね。ということを、ラストまで見てわかりました。ありがちなストーリーを見せて、え?これで終わり?と思わせたところから、本当の本編が始まるという作り方は、もしも家で見ていたら、ストーリーの途中で離脱していたと思うので、映画館で上映する作品だからこそできる構造だなと思います。最後は、すべての謎が解けて、すっきりとして、途中で感じていた後味の悪さもなく、とても楽しい作品だと思うことができました。結論としては、面白かったです
30代女性
30代女性
始めは、B級映画のゾンビものだと思ってぼんやりと見ていました。ゾンビ映画だと思ってみたらおもしろくないかもしれません。私も途中退屈になりそうになりながらも話題作であったので頑張って見ていました。しかし途中から私の想像を超える展開になりそれと同時に場面が変わる流れもどんどん速くなっていった気がしました。あっという間に後半は過ぎてしまった印象です。伏線の回収もしっかりあり納得のラストでした。公開されてからリピーターが多い理由もよくわかりました。もう一度始めからじっくり見てみたくなる作品ですね。製作費にお金をかけずこれだけおもしろい映画が作れるのかと素晴らしいの一言です。映画はこうやって作っているのかと感心してしまうほどでした。(実際は違うかもしれませんが)コメディ映画でありながら、ホラー要素もあり、家族で楽しくみられるファミリー映画でもあり、最後はホロリと感動してしまうような不思議な映画でした。老若男女問わずどなたでも見られる映画だと思います。ただ前半を頑張って我慢してみることをお勧めします。それから、ハンディカメラで撮影しているので繊細な方は酔ってしまうかもしれません。ただ、ハンディカメラで撮っているので臨場感があり、より世界観に溶け込めました。
男性
男性
こんな手法の映画があったのか、という驚きとまんまとはまってしまった感がとても面白い作品です。話題になってからみたので、冒頭では、なんでこんなB級ホラーの作品が、と思っていたのですが、後半からの展開にびっくり。文字通りノンストップで楽しめることができました。大袈裟なセットもなく、話題性の高い俳優さんがいるわけでもないのですが、作りのうまさにどんどん引き込まれて、しかも作為的ないやらしさがないので純粋に映画とは何かということを楽しませてくれました。と、同時に映画を制作する立場の人たちにこころから敬意を感じました。私たちがハラハラどきどき、楽しんで観ている数々の映画の裏側を支えてくれている現場の人にときには笑いを交えながら、頑張っているんだよと、いう一途さがみえて、とても好きな作品のひとつになりました。はじめのころはてまわしでチープな作りに見えていた部分も、むしろこの作品では内容に説得力を与えてくれていると思います。ただ、最後まで観ないとこの作品はその良さがわからないので、人に勧めるときにも内容には触れられないけど、とにかく見てという歯がゆい勧め方しかできないので、そこがまた面白さを広めることになったのかもしれません。ネタばれ禁止の映画好きのため映画ではないでしょうか。
女性
女性
何度でも見てしまう映画です。逆に言うと、一度見ただけではこの作品の本当の面白さや、良いところをすべて感じることはできないと思います。本当に何もかもが素晴らしいと思います。ストーリー、撮影方法やコマ割り、役者の演技、各役者の雰囲気、バックグラウンドの音楽、そしてエンディング曲。自分がこの映画をはじめて知ったのは、ちょうど大ブレイクしているころに、あらゆるメディア(映画雑誌やSNSなど)でこの映画がやばい!といった内容で見かけたからでした。実際に初めて見たのは、その大ブレイクが終わって、1年後ぐらいでした。映画が始まってはじめの15分ほどは、その作製コストの低予算のせいか少しチープな映像なため、なんだ、実際の映画の良さに比べての世間の評価が高いだけか、と思っていましたが、一旦映画のからくりが何となくわかってくると、もう大ファンになっていました。エンディング曲が流れるところまで来ると、もう絶対もう一度見ると決めていました。映画の雰囲気とエンディング曲のマッチング度合いにもほれ込んで、映画だけではなくエンディング曲をYouTubeで何度も見たりしました。低予算で作ったとは思えない、笑いあり、感動ありの映画です。
女性
女性
最初はただのゾンビ映画だと思っていて、どうしてそこまでヒットしているのか知りたくて観ましたが、後半の伏線回収がお見事で、家族愛と映画愛に溢れた素晴らしい作品でした。低予算の自主制作映画のような形で、ほぼオーディションで選ばれた無名の俳優さんを使っているのにも関わらず、そこが妙にリアルでいい感じの安っぽさも残していて、絶妙におもしろかったです。ゾンビ映画は、あまり好きではないのですが、最初のワンカット37分のゾンビ映画シーンは、何度も観たくなります。監督役の濱津さんの演技もとても自然で、娘にいいところを見せようとがんばるお父さんの姿に、心が熱くなり、普段は再現ドラマなど、自分のやりたい事ではない仕事もこなしつつ、映画に向ける情熱もとても感動しました。TV局のプロデューサー役の竹原さんも無名の女優さんとは思えない強烈な存在感を残していて、これから他の映画でも活躍してほしいなと思いました。カメラワークもおもしろく、まるで自分も映画作りに参加しているような新鮮な気持ちになりました。セットやキャストにお金をかけたハリウッド映画よりも、こういう映画がもっと評価されるべきだと思います。何度も観たくなる素晴らしい映画でした。
40代男性
40代男性
あまりにも話題になっていたのでこの映画を見に行こうと思ったら、その時はまだ大きな映画館ではそんなに多くは上映していなくって、なかなか見れませんでした。それだけ、行列になっていたのですよ。やっと大きな映画館での上映が決まり、見に行ったものの、ゾンビ嫌いな私は、最初は見るのを物凄く後悔してしまいました。とにかくゾンビがグロいのです!開始20~30分ほどで、途中で退出しようかと思ったほどでした。しかし、後半からが面白すぎて、映画館のあちこちから笑い声が上がりました。映画館で笑い声が上がるって、珍しくないですか?それだけ本当に面白かったのです。予告編でこの映画の面白さが出ていなかったこともまた上手かったと思います。その分、クライマックスの予想ができなかったので、いい意味で期待を大きく裏切ってくれました。予算が300万円ほどと聞きましたが、映画はお金だけ投資すれば良いのではないことを証明してくれたと思います。しかし、予算の低さとは裏腹にキャスト陣は全員プロなのではないかと思うほど、なかなかキャラクターが濃かったのですよ。よく低予算でこれだけのキャストが集まったなと、感心するばかりです。予算300万から興行収入30億というのは、これから何年経っても語り継がれるほどの記録だったと思います。全世界のアマチュア、学生映画制作者に勇気を与えた素晴らしい映画でした!

登録後にもらえる600ポイントで「カメラを止めるな!」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。