邦画

映画【バクマン。】動画を無料フル視聴する方法|あらすじや感想・キャスト

映画【バクマン。】動画を無料視聴する方法

映画「バクマン。」を配信中の動画配信サービス

VOD 配信中 見放題
or
別料金
月額
(税抜)
無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
Hulu 933円 2週間
FODプレミアム 888円 2週間
Amazon プライム 500円 31日間
dTV 300円 500円 31日間
TSUTAYA TV 500円 933円 30日間

「バクマン。」を見るならU-NEXTが一番おすすめ。追加料金なしで見放題になっています。

映画【バクマン。】はU-NEXTでフル動画を配信中

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

動画共有サイトは違法性やウイルスに注意!

・違法にアップロードされたことを知りながらその動画をDLするのは違法

出典:日本民間放送連盟

・ウィルスに感染するリスクあり

・個人情報流出のリスクがあるが全て自己責任

パンドラやDailymotionなどありますがYouTubeリンクを載せておきます。

YouTube

公式がアップしているもの以外は違法ですし、公式はフル動画はアップしません。

バクマン。の無料フル視聴でおすすめはU-NEXT

U-NEXTの魅力

日本最大級の配信数!多彩なジャンル、見放題作品18万本以上
・最新作やTV放送中のアニメ、韓流ドラマなども多数
・80誌以上の雑誌が読み放題!DLも可能。電子コミックもあり
成人向け動画も♪
・PC、スマホ、TV、タブレット、PS4などで見れる
追加料金なしで最大4人まで同時に視聴できるので家族で別々のものを見れる
・無料期間後は月額1990円。毎月1200ポイントもゲット!

※記載の情報は2020年6月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

<U-NEXT利用者の声>

30代女性
30代女性

31日間無料で18万作品以上が見放題というのが魅力で利用し始めました。ダメなら初月で辞めようと思っていたのですが、洋画から邦画、アニメから韓流ドラマまで人気の作品が多数あるので、かなりハマってしまいずっと継続しています。DVDを借りなくても家で見れるのはこんなに便利なんだと衝撃でした。またダウンロード機能を使って家でDLしておけば、外出中でもギガを気にせず動画を見れるのでもう便利すぎ!

無料登録で600ポイントもらえて、それで新作映画も無料で見れますよ。ほんとに便利すぎ!

登録後にもらえる600ポイントで「バクマン。」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

映画「バクマン。」のあらすじ・ネタバレ

公式サイトのあらすじ

「俺たち二人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ」
二人の高校生が抱いた、ジャンプ漫画への壮大な夢。
高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。
クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂点を目指す。
編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。
だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。
そして突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ。
果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか!?
出典:バクマン。 公式サイト

【バクマン。のあらすじ】
集英社、週刊少年ジャンプの編集室から物語は始まる。将来、行きたい大学もなく特に希望もなかった高校生のサイコーは、いつも学校でクラスメイトの美少女、亜豆の絵をを描いていました。

そんな中、たまたまクラスメイトのシュージンに、ノートのイラストを見られてしまいますが、サイコーの才能あふれる絵に感銘を受けたシュージンは、自分が物語の原作を作り、その絵をサイコーに書いてもらい、一緒に漫画家になろうと誘ったのでした。そんな誘いを即答で断るサイコーでしたが・・・

続きは映画をご覧ください。

【バクマン。の感想】
バクマンの漫画は読んだことがないのですが、神木隆之介さんが出演するからという理由だけで見ました。結果、ものすごくはまってしまい、携帯にダウンロードして何度も見ています。

高校生二人が学校の合間をぬって漫画に熱中する姿は、中身は違いますが私の高校の頃と重なりとても懐かしく、胸を熱くさせてくれました。自分が恋をした相手をイメージして漫画の中に登場させるというのも、高校生ならではだなと思いました。

期待の新人とまではいかずとも、初めての漫画制作で出版会社に目をつけてもらい意気揚々と描き始めたものの、圧倒的な力の差があるライバルに出会ったところは、私の中でとても印象深かったです。

毎週やってくる締め切りになんとか二人で協力して間に合わせようとしている姿は壮絶で、高校生の姿は見えなかったです。漫画家の過酷な部分も忘れず描かれている作品だと思います。

制作途中で中だるみのようにジャンプ内でのランキングが下がって行く様子は、誰でもものは違いますが壁にぶつかっている様子で感情移入してしまいとてもはがゆかったです。

終盤にかけて、自分を追い込みながらなんとか漫画を描いているところは無理しないで、でも頑張れと矛盾しながらも応援していました。結局最後は打ち切りという形になってしまいましたが、最後の二人のセリフで「次は何描く?」から楽しそうに黒板に構想するところは安堵の気持ちと自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

この映画は内容だけではなく演出の仕方も独特で、アニメーションが使ってあり飽きません。ライバルと二人が戦うシーンは、漫画のページが背景に映し出されたり、えんぴつや墨で勝負したり、実際にはあり得ないことだけどとても楽しく見させてもらいました。

登録後にもらえる600ポイントで「バクマン。」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。

「バクマン。」の映画情報

「バクマン。」のキャスト・出演者

・(真城最高):佐藤健
・(高木秋人):神木隆之介
・(新妻エイジ):染谷将太
・(福田真太):桐谷健太
・(平丸一也):新井浩文
・(中井巧朗):皆川猿時
・(亜豆美保):小松菜奈
・(最高の少年時代):田中洸希
・(担任教師):岩井秀人
・(カメ):よーかいくん

バクマン。の監督・スタッフ

監督

大根仁

原作

大場つぐみ
小畑健

音楽

サカナクション

脚本

大根仁

製作

市川南

「バクマン。」の感想・口コミ評判

30代男性
30代男性
「週刊少年ジャンプ」日本で一番知られている少年漫画雑誌といっても間違いではないでしょう。今までにも数多くの大ヒット作を世に送り出したこの 雑誌、私もこの雑誌と共に大人になっていったひとりですが、この映画をみてそのマンガを作り上げていくために日々頑張って下さっている書き手のみなさんに改めて感謝の思いを持ちました。マンガというのは読み手にとっては娯楽であり、より面白い作品を求めていくものなのだれど、書き手にとってはまさに命を削りながら作り上げていくものなんですよね。はじめは夢を持って好きなことをやっていただけなのに、その作品にかける思いが痛いくらいに伝わってきます。主人公も若手ではとても演技に定評がある佐藤 健さんと神木 隆之介さんの二人が原作の雰囲気をリアルに表現しています。この映画で一番驚いたのはマンガを書くシーンの描き方です。こんなやり方があったのかと驚きました。マンガという紙の上で行われている作業が立体的に、そして躍動感溢れるものとして描かれています。主人公の心理状態まで、生々しく伝わってくるので、このシーンは本当にオススメです。マンガという誰にでも馴染みのある世界を作り手の視点から改めて見直すことができる、素晴らしい映画だと思います。
40代男性
40代男性
この映画のすごいなと思ったところは、演出の仕方です。バクマン。は漫画家を目指す高校生の物語なので、漫画を描くシーンが結構重要なわけです。どうやら白い紙に対して絵が描かれていく様子を投影して撮影しているらしいので、俳優さんがあたかも本当に書いている感じが出ています。そういう方法は今までにあったのかもしれないのですが、まさにこの作品にピッタリな演出の仕方だなと思いました。これは原作の作家さんの協力なしには難しい方法だったのかなと思いますし、かなりスタッフさんも大変だったのでは?と考えてしまいました。原作は読んでいませんが、アニメを観ていたので、ちょっと配役に関しては違和感がありました。最高を演じる佐藤健さんには特に違和感はなかったのですが、秋人役の神木隆之介さんは違うかなと思ってしまいました。秋人は最高よりも身長が高くて、頭がキレるという印象があるので、身長が低めな神木隆之介さんではいまいちハマっていない感じがありました。なので、原作やアニメが好きな人は映画は別だと考えた方がいいのかもしれません。小豆役は、この人しかいないというくらい小松奈々さんがピッタリだと思いました。清楚な感じと、純粋な感じがまさに小豆っぽい感じでアリだと思いました。残念だったのは、この映画版では見吉が出ていないことです。小豆と最高の関係を助けていたのは見吉がいないと無理な話です。秋人とのやり取りも楽しみにしていたので、見吉がいないことがとても残念でした。
30代女性
30代女性
私はこの映画を見て、夢に一生懸命に取り組むことがかっこいいと思えるようになりました。特に主人公とその親友を演じている佐藤 健さんと神木龍之介さんのコンビが良かったです。特に2人の演技がとびきり熱くて、でも熱苦しくなくて良かったです。初めの方の亜豆との恋愛パートは出来過ぎだっていうくらいの展開ですが、その後の漫画家仲間たちとの協力など胸が熱くなる展開をしていて、サクサク話が進み後半になるにつれて映画に引き込まれました。実際、あまりよく知らない漫画の世界が分かり、漫画雑誌に実情など大変興味深い内容でした。主題歌のサカナクションの『新宝島』が最高にマッチしていて良かったです。原作と映画で違うらしいのですが、私はきにならず楽しめました。やっぱり、こういう何かに夢中・熱中・集中する、年を重ねるごとに忘れかけてくる”熱量”を感じました。特に今の若い世代は、何かに夢中・熱中・集中するのはダサいという風潮がありますが本気で何かに夢中・熱中・集中するのが最高にかっこいいということがわかる映画なので、特に若い世代や日々のルーティンワークに疲れ、かつてあったはずの”熱さ”を忘れかけた現代人に観て欲しい作品。

登録後にもらえる600ポイントで「バクマン。」を無料視聴可能!

今すぐ無料お試し

U-NEXTは31日間無料!

無料期間中に解約すれば1円もかかりません。解約もボタン1つでOK。